スキップしてメイン コンテンツに移動

とにかく、TiktokやSpotifyのような企業はどのような給与を提供しますか?

How much do TikTok, Spotify, Twitch, and Snap pay their employees? In the streaming era, media and tech giants have shifted into each other’s sphere of influence, staffing up to cover their new bases. So what are the major players in the tech and media spaces paying their top talent?

Streaming has merged media with technology, leading to a massive shift in those industries. As Warner Bros. Discovery, Disney, and other media juggernauts focus on their direct-to-consumer business models, they’ve increased their staffing in tech and consumer-facing roles. Likewise, tech companies like TikTok have branched out and hired for more traditional media roles.

As the media and technology giants increasingly vie for the top talent, analyzing pay data released by the US Department of Labor’s Office of Foreign Labor Certification shows how much companies in the US offered to pay those they wanted to hire through work visas. The data consists of nine companies, mainly from October 2020 through December 2021, and only includes base salaries, not additional forms of compensation such as bonuses or stock options.

Hulu

  • $93,150 – $208,000 per year

Most of Hulu’s salaries are tech jobs and include software engineer and data scientist roles, but also feature a few other positions, including marketing analyst and content and financial analysis manager. Many of these roles are now part of Disney’s overarching streaming division as the company has centralized its direct-to-consumer business model.

Netflix

  • $40.45 per hour – $800,000 per year

Streaming heavyweight Netflix hired for a host of roles, including content, finance, legal, and marketing, many of which offered base salaries of six figures. Netflix’s growth in recent years pushed the company into more industries, such as gaming, leading to a workforce boom and ending 2021 with 11,300 employees globally. However, as Netflix’s competitors gained a foothold, the company’s immense growth was followed by a string of layoffs amid subscriber-growth issues. Netflix plans to expand into advertising and other endeavors, which may help create new jobs for the company.

#### ニューヨークタイムズ

  • $70,000 – $306,000 per year

While most of The Times’ job growth has remained in its wheelhouses, such as newsroom work and advertising, roles also include data and engineering positions. As the company expands its news division, which now employs about 1,700 journalists, its acquired properties recently include sports site The Athletic and the successful game Wordle.

Roku

  • $75,000 – $687,500 per year

【世界最古の宿】情報量の多い旅館で奴隷合宿トーク【雑談回】#129/

Roku has remained a leader in US streaming services, despite slowing growth in recent years. The salaries covered product, engineering, and other tech positions. The early days of the COVID-19 pandemic saw accelerated growth for the company, but despite having slowed, Roku continues to staff up to support growth and investment into original content.

Snap

  • $50,315 – $500,000 per year

Snapchat’s parent company mainly hired for data, engineering, product, and some marketing. Snap’s workforce grew heavily in recent years, reporting 52% full-time growth in Q1 al1. However, in the face of the economic downturn, Snap intends to slow hiring efforts significantly, planning to grow by around 10% this year.

Spotify

  • $75,440 – $293,356 per year

Spotify has continued hiring aggressively, and the company now allows staffers to work from anywhere. Its jobs included advertising, product, research, and roles in administration. Spotify’s hiring focuses on its business’ tech and product side, with over half of the new hires in research and development and a few in sales and marketing.

#### チクタク

  • $30 per hour – $400,000 per year

TikTok and its parent company Byedance mainly filled roles focusing on finance, product development, and marketing growth. As TikTok’s user base exploded in 2021, exceeding one billion active users, the company’s staffing has increased to meet the growing demand. Around 1,600 US job openings existed on its website earlier in the year. The company has not yet revealed whether it will reduce hiring efforts during the economic turndown like many competitors.

Twitch

  • $60,174 – $201,968 per year

Amazon’s live streaming leader included salaries for data, engineering, and other tech positions. Twitch continues to be the most prominent game streaming platform in the industry, though Bloomberg recently reported a high turnover rate among its workforce. Around 300 employees left the company last year, including the company’s COO, chief content officer, and head of creator development. Twitch currently lists hundreds of open positions on its job board.

Warner Bros. Discovery

  • $55 per hour – $300,000 per year (for WarnerMedia)
  • $52,333 – $300,000 per year (for Discovery)

DiscoveryとWarnermediaは最近、Warner Bros. Discoveryを形成するために合併したため、彼らのデータは2つの企業に別々に広がりました。 ワーナーメディアの成長の大部分には、HBOでの雇用が含まれていましたが、ディスカバリーの給与はビジネスインテリジェンス、ソフトウェアエンジニアリング、データ、その他の役割の混合物をカバーしていました。 両社の組合は、約30,000人の従業員を抱える親会社を設立し、ケーブルの主力HGTV、TLC、およびフードネットワークに10,000人以上がありました。

コメント

このブログの人気の投稿

PlayStationは今やMORTAL Kombat 11を含む6つのゲームを明日追加されました11

1990年代はセクターの歴史の中で3年目でした。 それはビデオクリップゲームのマークされた技術でした。 それはスプライトベースのグラフィックスからフルブリッジ3Dグラフィックスへのシフトの年数であり、それは最初の個々のシューティングゲーム、リアルタイムの方法、サバイバル怖い、そしてそれに限定されない、そしてそれに限定されない多くのジャンルのビデオクリップゲームを引き起こしました。 MMO ハンドヘルドビデオゲームは、何年にもわたって人気が高まっています。 ギャラリーゲームは、1990年代初頭には比較的一般的であるが、ホームソールが追加されたほど典型的なものになったので減少し始めた。 それは新しい月です、そしてそれは今度は再びストリーミングゲームのカタログが再び更新されていることを意味します。今年の図書館への最初の更新プログラムは、1月4日火曜日のプレイステーションストアの更新を使用して、サービスに6つのゲームを追加します。 6つのゲームには、戦闘ゲーム致命的なKombat 11、Square EnixのRPGファイナルファンタジーXII:黄道帯、そしてRoguelikefuryが解き放たれました。また、1月のために今すぐプレイステーションにやってくることは、展開されたオープンワールドサンドボックスゲーム、プラットフォームのスーパータイムフォースウルトラ、およびSpace SIMカバルスペースプログラムです。 Sonyは、PlayStation Nowのライブラリを着実に構築しています。 PlayStationは現在PS5、PS4、およびPCでサポートされており、10ドル/月または60ドルを購読できます。サービス上で利用可能な何百ものゲームがあります - ここでそれらすべてを見てください。 他のニュースでは、1月4日のプレイステーションストアの更新プログラムは2022年1月の新しいPlayStationプラスゲームを追加します。以前に発表されたように、これらにはPersona 5ストライカー、深部ロック銀河、そして汚れが含まれます。 PlayStation今1月2022ゲーム ファイナルファンタジーXII:黄道帯の年齢 怒りは解き放ちました カーバルスペースプログラム 致命的なコマット11. 未然に スーパータイムフォースウルトラ

スクウェアエニックス社長会談2022、メタバース、ブロックチェーン

Square Enix Presirent 松田洋介氏は、新年の手紙を備えたスクエアエニックスホールディングスのウェブサイトに撮った。 NFTとメタバース、松田はまた、人工知能とクラウド技術へのスクエアエニックスの投資と、彼らが将来すべての新興技術を活用する方法をどのようにして話しました。 あなたが岩の下に隠れているのでなければ、そしてパンデミックのために私達の多くの多くのためにあなたがいたならば、ブロックチェーンとNFTは過去1年間の最も熱いトピックの1つでした。ブロックチェーンへの投資は世界中のすべての企業から注ぎ続けているので、ブロックチェーン技術の使用を正常化するためのキャンペーンで最も熱心なものの中には、ゲーム業界のものがありました。 Square Enixのメタバースゲームのサンドボックスで200万ドルの投資ラウンドに参加した後、BlockChainゲームの研究開発と開発の存在を単に存在させないであろうことは明らかでした。松田の年末の手紙はこれを裏付けるだけでなく、次の業界の変化の傾向の最前線に滞在しようとしているため、会社がいくつかの新興技術を再開することを目指していることを示しています。 新年の手紙では、松田は2021年がNFTとメタバースのための「年1」であることを説明しています。塵が落ち着くと技術が成熟したとき。 2020年にAI、クラウド、ブロックチェーンゲームに関連して調査開発にもっと大きく投資し、この宣言の追求は、言語処理、世界モデル、シミュレーション技術の進歩で実現されています。松田の指示は、これらの進歩が自らの目的のために継続的な仮想空間の開発を支援するだけでなく、これらの技術を他の会社に提供することを計画していることを見つけるべきではありません。サンドボックスを持つ成長しているメタバースプラットフォームへの大きな投資で、そして仮想媒体での彼らの存在の成長に焦点を当てて、将来的にこの技術を支えるための彼らの意図についての言及はそれほど驚くべきことではありません。 技術インフラもまた、新年の手紙の重要な詳細でした。 5Gワイヤレステクノロジーは2021年に実質的に拡大しており、2022年を通して続行するつもりです。デバイスの範囲最後に、松田は急なダイビングでブロックチェーンと「トークノミクス」に終わります。ここで彼は、ブロ

Halo Infiniteリード物語のデザイナーは343、暴動のゲームに参加します。

Halo Infiniteのリードナラティブデザイナー、Aaron Lindeは、343の産業を去ったと発表しました。 LindeはTwitterで彼が「新しい機会を追求する」と述べたのは、私たちが今知っている人は、Legends Developer Riot Gamesのリーグでの仕事です。リンデはRIOTの研究開発チームに参加しています。 リンデは、それが343を離れることが「恐ろしい困難な決断」だと述べた。 「私はその一部だったことに感謝しています」 リンデは言っていました。野生尻の旅。あなたは私にとって信じられないほど特別な年を作りました。感謝していて、いつもそうなるでしょう。次のミッションをお会いしましょう」 リードナラティブデザイナーとして、LinkedInのページによると、ゲーム内の「すべてのオープンワールドナラティブコンテンツ」を取り扱う作家の小さなチームを担当しました。これは、15,000行の敵と海洋のびびり、100を超えるオーディオログ、および周囲の対話に渡っていました。 Haloの前に、リンデはGuild Wars Studioでアンネットプロジェクトに取り組む前に、Arenanetに移動する前に、ギアボックスの戦いの原生のリードライターでした。それから彼は2019年に343年に移住する前に、バンジーに引っ越して、2019年に343に移住してハローの無限大に取り組んでいます。 Halo Infiniteに関しては、ゲームの冬季偶発派のマルチプレイヤーイベントが今起動しています。