スキップしてメイン コンテンツに移動

文明の旧世界IVデザイナーがLinuxサポートとともにSteamでリリースします

Old World is a new Native Linux historical strategy game from Soren Johnson, Lead Designer of Civilization IV and Offworld Trading Company and Mohawk Games.

This was originally an exclusive for Epic Games, and back when it released there in 2021 it gained some rather high praise from the wider bigger PC gaming websites. Since then though, the game has expanded dramatically with hundreds of new narrative events, a brand new DLC that also just released, lots of bug fixes, balance changes and various other improvements.

なぜ? Ubuntu ってなんでこんなに注目されるの? Ubuntu 22.04 LTS がリリースされたのでこの機会に考察してみた。

YouTubeビデオにはCookieが必要です。表示するためにCookieを受け入れる必要があります。クッキーの好みを表示します。 Cookieを受け入れ、直接リンクを表示します

Note: the publisher, Hooded Horse, was kind enough to pass along a review key for this.

Given the designer on this, it's safe to say this is like a spiritual successor to Civilization. It's much more than that though, and there's been a few attempts from others to do the same, but this is more like a slick evolution on it. Much more character-drive, so it's a little bit closer to Crusader Kings in that way too and honestly, I'm not sure I can see myself going back to any current Civilization title after playing Old World.

One of the major ways it mixes things up is the new Orders system. Instead of only moving units once per turn, you have an overall Orders currency to use each turn. Units still have limits and can get fatigued but this expands what's possible in such a strategy game making it just feel so much more open. It does mean you need to do a lot more planning too, and at times completely rethink what you're doing, as using up all your orders might leave you too open for an attack, as just one small example.

Did you screw up? Good news, you can undo moves repeatedly, and that alone makes me really love this.

An absolutely gorgeous looking game too. The artists did some truly fantastic work on all aspects of the design here. Even the fog of war clouds excited me when playing it for the first time, the way they gently caress the map, it's really something to look at.

The amount of info you're being given the first few times can feel a little daunting though. There's quite a bit of depth to various parts of the game, even just founding a city needs you to be careful because of the family system. When you go to found a city, you pick which family will be the founders and they each come with different bonuses so you're choosing your focus very early on. You also have to keep them all happy too, to ensure you keep various bonuses and don't lose out. Even though there's plenty going on, it's surprisingly accessible thanks to the clear UI.

Research is another area that's quite different here too with it being more random, and a bit more like Stellaris in fact. You are given a few cards to pick from, and those not picked go into a discard pile. Once your pile to draw from is empty, the discard pile comes back shuffled up for you to continue on. You still get access to a tech-tree but you don't get the direct planning to go through it like other games. (although you can target specific research to remind yourself when it comes up). This presents some difficult decisions when you're going through the game but does spice things up a bit.

One aspect of it that some will love and some will hate, is how much shorter it is compared to other similar games. It's a race to 200 turns, which for me is actually great. Games don't feel like they drag on forever! I continue to be quite amazed with Old World and it has firmly scratched the itch I wanted after burning out with Civilization.

With all the events though, of which the developer said there's at least 2,500 of them now, there's never a dull moment in any part of the game. So many choices.

I quite liked how the tutorials were done too, as there's a fair bit to learn. You can go through dedicated tutorial missions that carefully guide you on the same map each time but you can also just play a normal game, with plenty of tutorial prompts and explanations as you go along. Best of both worlds and a nice touch.

When it comes to the fresh Native Linux port, I have to say that I'm very impressed. It works out of the box with no issues on Fedora 36, and performance is absolutely fantastic. It's even playable on Steam Deck. Turning down a few settings and upping the built-in scaling actually worked quite nicely but some text was still a bit too small. No obvious issues in my notes on it to tell you of, so it's a solid recommendation from me. A simply must have for strategy fans.

Later in June they plan to add in localizations for Chinese Simplified, Chinese Traditional, Japanese, Spanish, Russian, French and German. If you buy it before May 25th, you get the Heroes of the Aegean DLC free.

Available for Linux on Steam. For GOG it does not have the Linux build.

Company andから取得した記事。

コメント

このブログの人気の投稿

PlayStationは今やMORTAL Kombat 11を含む6つのゲームを明日追加されました11

1990年代はセクターの歴史の中で3年目でした。 それはビデオクリップゲームのマークされた技術でした。 それはスプライトベースのグラフィックスからフルブリッジ3Dグラフィックスへのシフトの年数であり、それは最初の個々のシューティングゲーム、リアルタイムの方法、サバイバル怖い、そしてそれに限定されない、そしてそれに限定されない多くのジャンルのビデオクリップゲームを引き起こしました。 MMO ハンドヘルドビデオゲームは、何年にもわたって人気が高まっています。 ギャラリーゲームは、1990年代初頭には比較的一般的であるが、ホームソールが追加されたほど典型的なものになったので減少し始めた。 それは新しい月です、そしてそれは今度は再びストリーミングゲームのカタログが再び更新されていることを意味します。今年の図書館への最初の更新プログラムは、1月4日火曜日のプレイステーションストアの更新を使用して、サービスに6つのゲームを追加します。 6つのゲームには、戦闘ゲーム致命的なKombat 11、Square EnixのRPGファイナルファンタジーXII:黄道帯、そしてRoguelikefuryが解き放たれました。また、1月のために今すぐプレイステーションにやってくることは、展開されたオープンワールドサンドボックスゲーム、プラットフォームのスーパータイムフォースウルトラ、およびSpace SIMカバルスペースプログラムです。 Sonyは、PlayStation Nowのライブラリを着実に構築しています。 PlayStationは現在PS5、PS4、およびPCでサポートされており、10ドル/月または60ドルを購読できます。サービス上で利用可能な何百ものゲームがあります - ここでそれらすべてを見てください。 他のニュースでは、1月4日のプレイステーションストアの更新プログラムは2022年1月の新しいPlayStationプラスゲームを追加します。以前に発表されたように、これらにはPersona 5ストライカー、深部ロック銀河、そして汚れが含まれます。 PlayStation今1月2022ゲーム ファイナルファンタジーXII:黄道帯の年齢 怒りは解き放ちました カーバルスペースプログラム 致命的なコマット11. 未然に スーパータイムフォースウルトラ

スクウェアエニックス社長会談2022、メタバース、ブロックチェーン

Square Enix Presirent 松田洋介氏は、新年の手紙を備えたスクエアエニックスホールディングスのウェブサイトに撮った。 NFTとメタバース、松田はまた、人工知能とクラウド技術へのスクエアエニックスの投資と、彼らが将来すべての新興技術を活用する方法をどのようにして話しました。 あなたが岩の下に隠れているのでなければ、そしてパンデミックのために私達の多くの多くのためにあなたがいたならば、ブロックチェーンとNFTは過去1年間の最も熱いトピックの1つでした。ブロックチェーンへの投資は世界中のすべての企業から注ぎ続けているので、ブロックチェーン技術の使用を正常化するためのキャンペーンで最も熱心なものの中には、ゲーム業界のものがありました。 Square Enixのメタバースゲームのサンドボックスで200万ドルの投資ラウンドに参加した後、BlockChainゲームの研究開発と開発の存在を単に存在させないであろうことは明らかでした。松田の年末の手紙はこれを裏付けるだけでなく、次の業界の変化の傾向の最前線に滞在しようとしているため、会社がいくつかの新興技術を再開することを目指していることを示しています。 新年の手紙では、松田は2021年がNFTとメタバースのための「年1」であることを説明しています。塵が落ち着くと技術が成熟したとき。 2020年にAI、クラウド、ブロックチェーンゲームに関連して調査開発にもっと大きく投資し、この宣言の追求は、言語処理、世界モデル、シミュレーション技術の進歩で実現されています。松田の指示は、これらの進歩が自らの目的のために継続的な仮想空間の開発を支援するだけでなく、これらの技術を他の会社に提供することを計画していることを見つけるべきではありません。サンドボックスを持つ成長しているメタバースプラットフォームへの大きな投資で、そして仮想媒体での彼らの存在の成長に焦点を当てて、将来的にこの技術を支えるための彼らの意図についての言及はそれほど驚くべきことではありません。 技術インフラもまた、新年の手紙の重要な詳細でした。 5Gワイヤレステクノロジーは2021年に実質的に拡大しており、2022年を通して続行するつもりです。デバイスの範囲最後に、松田は急なダイビングでブロックチェーンと「トークノミクス」に終わります。ここで彼は、ブロ

Halo Infiniteリード物語のデザイナーは343、暴動のゲームに参加します。

Halo Infiniteのリードナラティブデザイナー、Aaron Lindeは、343の産業を去ったと発表しました。 LindeはTwitterで彼が「新しい機会を追求する」と述べたのは、私たちが今知っている人は、Legends Developer Riot Gamesのリーグでの仕事です。リンデはRIOTの研究開発チームに参加しています。 リンデは、それが343を離れることが「恐ろしい困難な決断」だと述べた。 「私はその一部だったことに感謝しています」 リンデは言っていました。野生尻の旅。あなたは私にとって信じられないほど特別な年を作りました。感謝していて、いつもそうなるでしょう。次のミッションをお会いしましょう」 リードナラティブデザイナーとして、LinkedInのページによると、ゲーム内の「すべてのオープンワールドナラティブコンテンツ」を取り扱う作家の小さなチームを担当しました。これは、15,000行の敵と海洋のびびり、100を超えるオーディオログ、および周囲の対話に渡っていました。 Haloの前に、リンデはGuild Wars Studioでアンネットプロジェクトに取り組む前に、Arenanetに移動する前に、ギアボックスの戦いの原生のリードライターでした。それから彼は2019年に343年に移住する前に、バンジーに引っ越して、2019年に343に移住してハローの無限大に取り組んでいます。 Halo Infiniteに関しては、ゲームの冬季偶発派のマルチプレイヤーイベントが今起動しています。