スキップしてメイン コンテンツに移動

Hulが子供と一緒にボールをプレーすることを拒否したとき

Jonah Sachs, entrepreneur and designer, had once said, “Your brand is a story unfolding across all customer touch points.”

Recently, FMCG companies felt the heat from the F&B industry watchdogs for targeting young consumers to market their products that were high in fat, sugar and salt. Ahead of this, Hindustan Unilever (HUL) announced that—from 2023—it would not advertise its entire range of food and beverages to consumers under 16.

Two years back, Unilever had decided to step back from targeting consumers under 12—on a global level from 2021—through traditional media channels. And for children under 13, the company had announced that it would refrain from advertising on social media channels and digital platforms.

The other companies that followed suit were Mondelez (Oreo), Nestle, McDonald’s, Coca-Cola, PepsiCo, Kellogg’s, Mars and Ferrero.

By giving up on communicating to children under 16, companies are doing away with the major trigger, ‘pester power’ that propelled purchase in categories ranging from chocolates to cars.

But, what effect would this decision have on companies that survive on the ad revenue that targetted kids. As per some media estimates, more than INR 550 crore of advertising money was spent on kids broadcast. Here, FMCG players contributed to almost 70 per cent of that pie.

As HUL had stressed that they would not market or advertise products on traditional and social media channels as well, this decision too comes with its set of riders.

Take the case of ice-cream carts, that are still very much predominant in cities and rural areas. Following them, kirana shops stock a range of impulse buys at the eye level of a child. Now, does this qualify as promotions at the point of sale?

Let us take a look at some of the products that would not be marketed to consumers under 16. They include Kwality Walls and Magnum ice cream, Knorr soups, instant noodles, ready-to-cook mixes, Kissan jams, squash and ketchup, and Horlicks health drinks. Advertisements in India have often positioned Horlicks as a nutrient drink that could make kids taller, stronger and sharper. Now, will the brand go back to its global marketing origins and target geriatrics?

Will the recent decision of HUL curb obesity (no, we are not talking of its media weight)? Or will the decision come back to haunt the company in future quarters?

We would love to hear your feedback. Do reach us on [email protected] said.com or [email protected] or [email protected]幸せな読書!

Mother's Day: Prega News breaks 'imperfection' stereotype in latest ad

Prega News has launched a new campaign #SheIsImperfectlyPerfect on Mother’s Day to embrace the imperfection of a mother. The film breaks the stereotypical image of a mother who always forces herself to be perfect in everything. The campaign spreads the message to embrace the imperfection of a mother who is always on her toes to work the best for her child.続きを読む

Aamir, Alia, Dulquer, Samantha star in PhonePe’s new bike insurance ad

PhonePe has announced the launch of an integrated multimedia campaign for two-wheeler insurance. The pan-India campaign comprising six ad films aims to drive category creation and consideration for bike insurance renewals on the PhonePe platform.続きを読む

LinkedIn underlines the power of community in new brand campaign

VistaPrint takes your name with pride in latest ad

【感動】子どもにボールを譲る男性が神すぎる OLX features Rohit Shetty ke car-naame with Sharman Joshi

Akshay Kumar fulfils a promise in CarDekho's latest campaign

Kiara and Samantha embody 'confidence in fashion' in Myntra's ad films

Katrina Kaif beats the heat with Veet’s wax strips in new ad

コメント

このブログの人気の投稿

PlayStationは今やMORTAL Kombat 11を含む6つのゲームを明日追加されました11

1990年代はセクターの歴史の中で3年目でした。 それはビデオクリップゲームのマークされた技術でした。 それはスプライトベースのグラフィックスからフルブリッジ3Dグラフィックスへのシフトの年数であり、それは最初の個々のシューティングゲーム、リアルタイムの方法、サバイバル怖い、そしてそれに限定されない、そしてそれに限定されない多くのジャンルのビデオクリップゲームを引き起こしました。 MMO ハンドヘルドビデオゲームは、何年にもわたって人気が高まっています。 ギャラリーゲームは、1990年代初頭には比較的一般的であるが、ホームソールが追加されたほど典型的なものになったので減少し始めた。 それは新しい月です、そしてそれは今度は再びストリーミングゲームのカタログが再び更新されていることを意味します。今年の図書館への最初の更新プログラムは、1月4日火曜日のプレイステーションストアの更新を使用して、サービスに6つのゲームを追加します。 6つのゲームには、戦闘ゲーム致命的なKombat 11、Square EnixのRPGファイナルファンタジーXII:黄道帯、そしてRoguelikefuryが解き放たれました。また、1月のために今すぐプレイステーションにやってくることは、展開されたオープンワールドサンドボックスゲーム、プラットフォームのスーパータイムフォースウルトラ、およびSpace SIMカバルスペースプログラムです。 Sonyは、PlayStation Nowのライブラリを着実に構築しています。 PlayStationは現在PS5、PS4、およびPCでサポートされており、10ドル/月または60ドルを購読できます。サービス上で利用可能な何百ものゲームがあります - ここでそれらすべてを見てください。 他のニュースでは、1月4日のプレイステーションストアの更新プログラムは2022年1月の新しいPlayStationプラスゲームを追加します。以前に発表されたように、これらにはPersona 5ストライカー、深部ロック銀河、そして汚れが含まれます。 PlayStation今1月2022ゲーム ファイナルファンタジーXII:黄道帯の年齢 怒りは解き放ちました カーバルスペースプログラム 致命的なコマット11. 未然に スーパータイムフォースウルトラ

スクウェアエニックス社長会談2022、メタバース、ブロックチェーン

Square Enix Presirent 松田洋介氏は、新年の手紙を備えたスクエアエニックスホールディングスのウェブサイトに撮った。 NFTとメタバース、松田はまた、人工知能とクラウド技術へのスクエアエニックスの投資と、彼らが将来すべての新興技術を活用する方法をどのようにして話しました。 あなたが岩の下に隠れているのでなければ、そしてパンデミックのために私達の多くの多くのためにあなたがいたならば、ブロックチェーンとNFTは過去1年間の最も熱いトピックの1つでした。ブロックチェーンへの投資は世界中のすべての企業から注ぎ続けているので、ブロックチェーン技術の使用を正常化するためのキャンペーンで最も熱心なものの中には、ゲーム業界のものがありました。 Square Enixのメタバースゲームのサンドボックスで200万ドルの投資ラウンドに参加した後、BlockChainゲームの研究開発と開発の存在を単に存在させないであろうことは明らかでした。松田の年末の手紙はこれを裏付けるだけでなく、次の業界の変化の傾向の最前線に滞在しようとしているため、会社がいくつかの新興技術を再開することを目指していることを示しています。 新年の手紙では、松田は2021年がNFTとメタバースのための「年1」であることを説明しています。塵が落ち着くと技術が成熟したとき。 2020年にAI、クラウド、ブロックチェーンゲームに関連して調査開発にもっと大きく投資し、この宣言の追求は、言語処理、世界モデル、シミュレーション技術の進歩で実現されています。松田の指示は、これらの進歩が自らの目的のために継続的な仮想空間の開発を支援するだけでなく、これらの技術を他の会社に提供することを計画していることを見つけるべきではありません。サンドボックスを持つ成長しているメタバースプラットフォームへの大きな投資で、そして仮想媒体での彼らの存在の成長に焦点を当てて、将来的にこの技術を支えるための彼らの意図についての言及はそれほど驚くべきことではありません。 技術インフラもまた、新年の手紙の重要な詳細でした。 5Gワイヤレステクノロジーは2021年に実質的に拡大しており、2022年を通して続行するつもりです。デバイスの範囲最後に、松田は急なダイビングでブロックチェーンと「トークノミクス」に終わります。ここで彼は、ブロ

Halo Infiniteリード物語のデザイナーは343、暴動のゲームに参加します。

Halo Infiniteのリードナラティブデザイナー、Aaron Lindeは、343の産業を去ったと発表しました。 LindeはTwitterで彼が「新しい機会を追求する」と述べたのは、私たちが今知っている人は、Legends Developer Riot Gamesのリーグでの仕事です。リンデはRIOTの研究開発チームに参加しています。 リンデは、それが343を離れることが「恐ろしい困難な決断」だと述べた。 「私はその一部だったことに感謝しています」 リンデは言っていました。野生尻の旅。あなたは私にとって信じられないほど特別な年を作りました。感謝していて、いつもそうなるでしょう。次のミッションをお会いしましょう」 リードナラティブデザイナーとして、LinkedInのページによると、ゲーム内の「すべてのオープンワールドナラティブコンテンツ」を取り扱う作家の小さなチームを担当しました。これは、15,000行の敵と海洋のびびり、100を超えるオーディオログ、および周囲の対話に渡っていました。 Haloの前に、リンデはGuild Wars Studioでアンネットプロジェクトに取り組む前に、Arenanetに移動する前に、ギアボックスの戦いの原生のリードライターでした。それから彼は2019年に343年に移住する前に、バンジーに引っ越して、2019年に343に移住してハローの無限大に取り組んでいます。 Halo Infiniteに関しては、ゲームの冬季偶発派のマルチプレイヤーイベントが今起動しています。