スキップしてメイン コンテンツに移動

EK 275征服のレビュー:安いための注文水流

EK 275 Conquest

MSRP $4,800.00

Score Details

DT Editors' Choice

“The EK 275 Conquest proves you don't need to spend big for quality custom watercooling.”

推移

  • Beautiful design and tasteful branding
  • Clear filling instructions
  • Blazing-fast gaming performance
  • Clean cable management
  • Cool and quiet
  • Excellent support

短縮

  • Poor ray tracing performance
  • Limited customization options
  • Upgrades can be a hassle

Custom watercooling is the final frontier for PC enthusiasts, and EK wants to make it available to the masses. The EK Fluid Gaming 275 Conquest is a custom watercooled PC built with the best watercooling components you can buy, and its unbelievably low price helps it rank among the best gaming desktops.

コンテンツ

  • デザイン
  • Specs and pricing
  • Servicing
  • Upgradability
  • Processor performance
  • Gaming performance
  • Software
  • Our take 3つの商品を表示

Although the all-AMD Conquest isn’t cheap, it’s still as much as $1,500 less than the competition. Even better, it comes with the backing of EK’s massive catalog of watercooling products, allowing you dip your toes into the world of custom watercooling before you fully dive in.

## デザイン

The 275 Conquest is a beautiful PC. The Lian Li PC-011 Dynamic it’s built inside is the best PC case you can buy, showing off the clean hardline tubing running throughout the machine. The 275 Conquest also has a distribution plate specifically designed for the case, which is washed in a sea of RGB.

EK also uses custom power supply cables for your 24-pin, 8-pin PCIe, and 8-pin CPU connectors, and they’re trained so that that none of the braided cables overlap each other. This is Falcon Northwest Talon levels of build quality, just without the massive premium.

EK has a little branding, but it’s all tasteful. The Lian Li badge that normally lives in the PC-011 Dynamic is replaced by an EK badge instead, and EK’s logo is etched into the top of the distribution plate.

One of the reasons the PC-011 Dynamic is a great PC case is that it offers a ton of room for cable management, and EK takes advantage of it. Even when you take off the back panel, there’s not a cable in sight. Everything is neatly tucked away, built with the attention to detail you’d have if you put together the PC yourself. That’s a lot more than machines like the MSI Aegis RS 12 can say.

The only complaint I can drum up is that the tubing runs to the GPU look like they’re at a slight angle. It’s so slight that you can’t notice it from most angles. I’m in awe with the EK 275 Conquest, not only because of the exceptional build quality, but also because EK doesn’t charge a massive premium for it.

Specs and pricing

EK EXPO Showroom | The Way To PLAY Everything in the EK 275 Conquest is branded, much like the Origin Neuron. You know exactly what you get upfront, so you don’t have to worry about some custom motherboard or manufacturer-only memory causing problems with your system.

CPU AMD Ryzen 9 5900X
GPU AMD Radeon RX 6900 XT
Motherboard Asus Prime X570 Pro
Case Lian Li PC-011 Dynamic
Memory 32GB G.Skill Trident Z DDR4-3200
Storage 1TB Seagate FireCuda 510, 4TB Seagate Barracuda
Power supply EVGA 850W 80 Plus Gold
USB ports 9x USB-A (7x rear, 2x front), 2x USB-C (1x rear, 1x front)
Networking 1Gbit Ethernet

For specs, the 275 Conquest is just below EK’s top Conquest model, which comes with a Ryzen 9 5950X. You can scale down to a Ryzen 5 5600X and RX 6700 XT for $2,500. EK offers its Vanquish line for Nvidia fans, though these machines run a few hundred dollars more than their AMD counterparts.

You don’t have a lot of options for configuration, unfortunately. Memory and storage are the only two areas you can customize, and EK doesn’t offer any options with Intel processors. EK offers several configurations for AMD and Nvidia, though, so you shouldn’t have any problems finding a machine that works.

For pricing, the 275 Conquest is a great value. If you were to buy everything on your own, you’d spend around $4,000. The 275 Conquest costs $4,800, but $800 is a pretty reasonable premium, especially considering the $4,000 price I quoted doesn’t include things acrylic tube cutters, much less a three-year warranty that covers leaks.

The value is even more clear when you bring in the competition. A similarly configured Maingear Vybe with a three-year warranty will run you $6,000, and it comes with a much worse case. That’s not to mention the pedigree EK has in the watercooling community, with a massive catalog of products to trick out, repair, and upgrade your build in the future. All things considered, $800 is a small price to pay.

Servicing

Custom watercooling requires maintenance, but it’s a lot less tedious than you might think. EK ships the 275 Conquest without fluid in the loop. There are rogue splotches of water in the loop from when EK tested the machine before sending it out, but you’ll need to fill the loop yourself with the included fluid.

The included instructions are easy to follow, and EK even has a video showing the process on its YouTube channel. Squirting water into a PC always feels unnatural, but EK offers through instructions so that even beginners won’t feel lost. You can have the loop moving in about 15 minutes.

EK doesn’t offer any resources beyond the initial fill, though. The only documentation I could find on maintenance is an FAQ that recommends draining and refilling the loop annually.

This doesn’t seem like negligence, just oversight. The included doc has instructions for draining the loop, and EK includes an extra drain tube. Simply noting that you should refill the loop annually on the included instructions would go a long way, so I hope EK does that in the future.

Upgradability

Upgradability is dicey on the 275 Conquest for two reasons: The custom loop makes upgrades tedious, and most major upgrades will void your warranty. The warranty bit is frustrating, but it makes sense; if you have to take apart the loop to make an upgrade, EK has no way of guaranteeing it’ll be put back together without leaks.

If you want to upgrade and still be covered, you can call EK for a quote. It will collect, upgrade, and return your PC to you. EK normally has products for the latest CPU and GPU launches, so if you want a shiny new graphics card down the line, there’s a good chance EK will be able to accommodate.

For PC builders who can handle the moisture, the 275 Conquest is fair game. You can buy everything in the system, all bits of the cooling loop included, on its own. You’ll need to set aside some time to plan and execute upgrades due to the custom loop, but EK doesn’t lock users with upgrade limitations like the Asus GA35DX does.

Processor performance

The heart of the EK 275 Conquest is the Ryzen 9 5900X. It’s a powerful 12-core processor that, up until recently, was only outclassed by AMD’s own Ryzen 9 5950X. The Conquest is an all-AMD system, which is a bit to its determent (at least before AMD reveals its Ryzen 7000 processors).

|.. EK 275 Conquest (Ryzen 9 5900X) | Maingear Vybe (Ryzen 9 5900X) | HP Omen 45L (Core i9-12900K) ---|---|---|---
Cinebench R23 multi-core | 20,361 | 20,802 | 23,068
Cinebench R23 single-core | 1,581 | 1,597 | 1,893
Geekbench 5 multi-core | 13,813 | 12,724 | 15,685
Geekbench 5 single-core | 1,629 | 1,718 | 1,910
PugetBench for Premiere Pro | 842 | 956 | 1,025

The Ryzen 9 5900X inside the 275 Conquest falls in line where I’d expect. Compared to the Maingear Vybe, which has the same processor, you can see almost identical single- and multi-core results in Cinebench and Geekbench. The HP Omen 45L is a more interesting point of comparison.

It comes with Intel’s Core i9-12900K, which universally outclasses the Ryzen 9 5900X. The multi-core improvements in Geekbench and Cinebench are impressive, but the single-core results stand out more. Intel is at the top of the stack when it comes to processor performance right now, and the EK only offers machines with AMD chips.

The RX 6900 XT is a sour point for creative pros, too. You can see how it lags behind the RTX 3080 Ti in the Maingear Vybe and the RTX 3090 in the HP Omen 45L in PugetBench. Despite the RX 6900 XT being an exceptionally powerful GPU, Nvidia still has the lead when it comes to creative apps. Thankfully, EK offers Nvidia cards if you want one.

Gaming performance

Processor performance may be disappointing, but the 275 Conquest is a hell of a gaming machine. The RX 6900 XT powering the graphics is obscenely powerful, matching or even exceeding the best that Nvidia has to offer. You can see my results at 4K with the highest-quality preset below.

|.. EK 275 Conquest (RX 6900 XT) | Maingear Vybe (RTX 3080 Ti) | HP Omen 45L (RTX 3090) ---|---|---|---
Forza Horizon 4 | 192 fps | 148 fps | 159 fps
Red Dead Redemption 2 | 76 fps | 76 fps | 76 fps
Assassin’s Creed Valhalla | 68 fps | 64 fps | 66 fps
3DMark Time Spy | 19,492 | 17,160 | 18,523
3DMark Fire Strike | 39,307 | 35,088 |めずく Fortnite | 80 fps | 82 fps | 82 fps
Cyberpunk 2077 non-RT | 43 fps | 38 fps |めずく Cyberpunk 2077 RT w/ FSR | 42 fps | 38 fps |めずく

The HP Omen 45L comes with an RTX 3090, but the RX 6900 XT outclasses it. In every game but Fortnite, the RX 6900 XT managed a lead over Nvidia’s most powerful GPU. And those differences are significant in some cases, with the 275 Conquest outpacing the Omen 45L by nearly 21% in Forza Horizon 5.

Maingear Vybe内のRTX 3080 Tiまでステップダウンし、その違いはさらに多く開きます。そうは言っても、私はGPUの力に関係なく、特定のタイトルにいくつかの強い制限を見ました。 _red dead redemption 2_は、4Kで3つのGPUを横切って同じ平均フレームレートを持つ適切な例です。

RX 6900 XTは素晴らしいゲームGPUですが、それは弱さを持っています:光線トレース。 RX 6900 XTがオフになっているRX 6900 XTが短くなっているにもかかわらず、RTX 3080 TIでさえ、RX 6900 XTが短くなっているにもかかわらず、RX 6900 XTが点灯しています。あなたはAMDのFidelityFXのスーパー解像度(FSR)を補償することができますが、それは見栄えません。

NVIDIAグラフィックスカードの大きな利点は、今深い学習スーパーサンプリング(DLSS)です。レイトレースゲームをプレイ可能にすることは不可欠です、そしてそれはFSRよりも_much_見栄えがよく見えます。 RX 6900 XTは作物のクリームですが、NVIDIAは現時点ではプラットフォーム機能が優れています。そしてそれは_cyberpunk 2077._のようなタイトルの大きな違いを生み出します。

それでも、私は275征服のゲーム性能に非常に満足しています。レイトトレースパフォーマンスが悪いことではなかった場合、RX 6900 XTは市場の最良のグラフィックカードになり、質問はありません。良いニュースは、ほとんどのゲームでレイトレースを持っていないということです、そしてそれをオンにしたいのなら、FSRはそれでもあなたのパフォーマンスを向上させることができます。

ソフトウェア

275の征服がどれだけ正しいかを与えられていたが、マシンはぼかし注文を搭載していないことがわかりました。箱から取り付けられているものはすべてAMD Ryzen MasterとASUS Armory Crateです。内部のコンポーネントの両方の必須ユーティリティです。

マシンにはWindows 10がロードされています。 Windows 11はまだ非常に新しい、そして多くのPCゲーマーは安定性のためにWindows 10を好む。このマシンはWindows 11と完全に互換性がありますが、必要な場合は無料でアップグレードできます。

私たちの服用

EK 275の征服は、卓越した策定品質、見事な視覚、そして肌寒い気温を管理しています。あなたがカスタムウォータークーリングを望んでいて、手間を望んでいたら、EK Fluid Gamingはあなたの最良の選択肢です。他に何かが効果的にお金を無駄にしています。

選択肢はありますか?

はい、しかしそれらのほとんどはより高価です。

  • $ 6,000のMaingear Vybe - はるかに高価で、より悪いケースが付属していますが、Maingearはよりカスタマイズオプションを提供しています。
  • 5,000ドルの起源の起源 - かなり大きくて高価で、水 - OOLED GPUが含まれていません。ただし、カスタマイズオプションがより多くあります。

それはどのくらい続くのでしょうか?

あなたは少なくとも年に1回征服を征服し、あなたがそうする限り、それを長期間続くことができます。あなたがカスタムウォータークーリングであなたの手を汚したくないならば、アップグレードは可能ですが、あなたがあなたの手を汚したくない場合は実用的ではないかもしれません。

あなたはそれを買うべきですか?

はい。 EK 275征服は非常によく建てられており、競争よりもはるかに安いです。それはまた、コミュニティに大規模な血統を持つ水冷のためのEK部品を使用しています。

コメント

このブログの人気の投稿

PlayStationは今やMORTAL Kombat 11を含む6つのゲームを明日追加されました11

1990年代はセクターの歴史の中で3年目でした。 それはビデオクリップゲームのマークされた技術でした。 それはスプライトベースのグラフィックスからフルブリッジ3Dグラフィックスへのシフトの年数であり、それは最初の個々のシューティングゲーム、リアルタイムの方法、サバイバル怖い、そしてそれに限定されない、そしてそれに限定されない多くのジャンルのビデオクリップゲームを引き起こしました。 MMO ハンドヘルドビデオゲームは、何年にもわたって人気が高まっています。 ギャラリーゲームは、1990年代初頭には比較的一般的であるが、ホームソールが追加されたほど典型的なものになったので減少し始めた。 それは新しい月です、そしてそれは今度は再びストリーミングゲームのカタログが再び更新されていることを意味します。今年の図書館への最初の更新プログラムは、1月4日火曜日のプレイステーションストアの更新を使用して、サービスに6つのゲームを追加します。 6つのゲームには、戦闘ゲーム致命的なKombat 11、Square EnixのRPGファイナルファンタジーXII:黄道帯、そしてRoguelikefuryが解き放たれました。また、1月のために今すぐプレイステーションにやってくることは、展開されたオープンワールドサンドボックスゲーム、プラットフォームのスーパータイムフォースウルトラ、およびSpace SIMカバルスペースプログラムです。 Sonyは、PlayStation Nowのライブラリを着実に構築しています。 PlayStationは現在PS5、PS4、およびPCでサポートされており、10ドル/月または60ドルを購読できます。サービス上で利用可能な何百ものゲームがあります - ここでそれらすべてを見てください。 他のニュースでは、1月4日のプレイステーションストアの更新プログラムは2022年1月の新しいPlayStationプラスゲームを追加します。以前に発表されたように、これらにはPersona 5ストライカー、深部ロック銀河、そして汚れが含まれます。 PlayStation今1月2022ゲーム ファイナルファンタジーXII:黄道帯の年齢 怒りは解き放ちました カーバルスペースプログラム 致命的なコマット11. 未然に スーパータイムフォースウルトラ

スクウェアエニックス社長会談2022、メタバース、ブロックチェーン

Square Enix Presirent 松田洋介氏は、新年の手紙を備えたスクエアエニックスホールディングスのウェブサイトに撮った。 NFTとメタバース、松田はまた、人工知能とクラウド技術へのスクエアエニックスの投資と、彼らが将来すべての新興技術を活用する方法をどのようにして話しました。 あなたが岩の下に隠れているのでなければ、そしてパンデミックのために私達の多くの多くのためにあなたがいたならば、ブロックチェーンとNFTは過去1年間の最も熱いトピックの1つでした。ブロックチェーンへの投資は世界中のすべての企業から注ぎ続けているので、ブロックチェーン技術の使用を正常化するためのキャンペーンで最も熱心なものの中には、ゲーム業界のものがありました。 Square Enixのメタバースゲームのサンドボックスで200万ドルの投資ラウンドに参加した後、BlockChainゲームの研究開発と開発の存在を単に存在させないであろうことは明らかでした。松田の年末の手紙はこれを裏付けるだけでなく、次の業界の変化の傾向の最前線に滞在しようとしているため、会社がいくつかの新興技術を再開することを目指していることを示しています。 新年の手紙では、松田は2021年がNFTとメタバースのための「年1」であることを説明しています。塵が落ち着くと技術が成熟したとき。 2020年にAI、クラウド、ブロックチェーンゲームに関連して調査開発にもっと大きく投資し、この宣言の追求は、言語処理、世界モデル、シミュレーション技術の進歩で実現されています。松田の指示は、これらの進歩が自らの目的のために継続的な仮想空間の開発を支援するだけでなく、これらの技術を他の会社に提供することを計画していることを見つけるべきではありません。サンドボックスを持つ成長しているメタバースプラットフォームへの大きな投資で、そして仮想媒体での彼らの存在の成長に焦点を当てて、将来的にこの技術を支えるための彼らの意図についての言及はそれほど驚くべきことではありません。 技術インフラもまた、新年の手紙の重要な詳細でした。 5Gワイヤレステクノロジーは2021年に実質的に拡大しており、2022年を通して続行するつもりです。デバイスの範囲最後に、松田は急なダイビングでブロックチェーンと「トークノミクス」に終わります。ここで彼は、ブロ

Halo Infiniteリード物語のデザイナーは343、暴動のゲームに参加します。

Halo Infiniteのリードナラティブデザイナー、Aaron Lindeは、343の産業を去ったと発表しました。 LindeはTwitterで彼が「新しい機会を追求する」と述べたのは、私たちが今知っている人は、Legends Developer Riot Gamesのリーグでの仕事です。リンデはRIOTの研究開発チームに参加しています。 リンデは、それが343を離れることが「恐ろしい困難な決断」だと述べた。 「私はその一部だったことに感謝しています」 リンデは言っていました。野生尻の旅。あなたは私にとって信じられないほど特別な年を作りました。感謝していて、いつもそうなるでしょう。次のミッションをお会いしましょう」 リードナラティブデザイナーとして、LinkedInのページによると、ゲーム内の「すべてのオープンワールドナラティブコンテンツ」を取り扱う作家の小さなチームを担当しました。これは、15,000行の敵と海洋のびびり、100を超えるオーディオログ、および周囲の対話に渡っていました。 Haloの前に、リンデはGuild Wars Studioでアンネットプロジェクトに取り組む前に、Arenanetに移動する前に、ギアボックスの戦いの原生のリードライターでした。それから彼は2019年に343年に移住する前に、バンジーに引っ越して、2019年に343に移住してハローの無限大に取り組んでいます。 Halo Infiniteに関しては、ゲームの冬季偶発派のマルチプレイヤーイベントが今起動しています。