スキップしてメイン コンテンツに移動

電話は脳腫瘍を引き起こさない、専門家は言う

A growing body of evidence shows that mobile phones don’t cause brain cancer.

コンテンツ

  • Reassuring Results
  • Brain Cancer Remains A Concern

聴神経鞘腫 中冨 浩文  東京大学医学部附属病院 脳神経外科

The use of mobile phones does not increase brain tumor incidence, according to a new study. The research bolsters previous findings that show mobiles aren’t linked to brain cancer.

“This study was so important because we saw a spike in cancer cases from 1975-1992,” Dr. Jessica Jones, an assistant professor of oncology with McGovern Medical School at UTHealth Houston and Memorial Hermann Health System in Houston told Digital Trends in an interview.

Brain cancer cases increased from 1995-to 2008, Jones said, adding, “What could have caused such a rise? There were a few trends in that time frame, including the use of cell phones. This study looked at so many patients we can rest assured that cell phones do not cause brain cancer.”

Reassuring Results

In a recent study, researchers tracked the health of more than 1 million women in the United Kingdom. From this study, published in the Journal of the National Cancer Institute, researchers from Oxford Population Health and International Agency for Research on Cancer reported that there is no increased risk of brain tumors overall or by brain tumor subtype or its locations in mobile phone users, compared to those who have never used one.

“These results support the accumulating evidence that mobile phone use under usual conditions does not increase brain tumor risk,” one of the study’s authors, Kirstin Pirie from Oxford Population Health’s Cancer Epidemiology Unit, said in a news release.

However, the researchers who led the study cautioned that their findings were limited. They said it’s not clear whether the risks associated with mobile phone use are different in those who use mobile phones considerably more than was typical of women they studied. In the study, only 18% of phone users reported talking on a mobile phone for 30 minutes or more each week. The study authors noted that those who use mobile phones for long durations could reduce their exposure to radiofrequency waves by using hands-free kits or loudspeakers.

The study participants did not include children or adolescents, but other researchers have investigated the association between mobile phone use and brain tumor risk in these groups and have not found any worrisome trends.

“Mobile technologies are improving all the time so that the more recent generations emit substantially lower output power,” the study’s lead investigator Joachim Schüz said in the news release. “Nevertheless, given the lack of evidence for heavy users, advising mobile phone users to reduce unnecessary exposures remains a good precautionary approach.”

Lyle D. Burgoon, a toxicologist who previously served as a senior science and policy advisor to the US Environmental Protection Agency, told Digital Trends in an interview that there is no evidence that mobile phones, when used properly, will cause tumors. Some opponents of mobile phone use cite the National Toxicology Program (NTP) studies as providing evidence that the devices can cause cancer.

But Burgoon said the NTP results are often misinterpreted. What the NTP studies actually found, he said, was that at levels that are approximately six times above the legal limit for radiation exposure, there is evidence of DNA breakage and some association with brain tumors in male rats.

“This means that NTP found no evidence of brain tumors in rats exposed to levels of radiofrequency radiation typically produced by our cell phones,” Burgoon said. “Therefore, it is clear – when mobile phones are used properly, with radiation within the legal limit set by the FCC, there is no evidence that people will develop brain tumors based on the rat studies. There are significant study design issues with the rat studies, but those biases would tend to result in an increase in brain tumors being detected (and thus false positives).”

Brain Cancer Remains A Concern

Despite the encouraging results of the recent study, in the United States, one out of 100,000 men or women will be diagnosed with brain cancer. There are certain places in the United States where epidemiologists are paying particularly close attention, such as Colonia High School in New Jersey, where brain tumors aren’t 1/100,000 but rather 1/300.

“When there are certain ‘hotspots’ that we see increased numbers of cancer, we usually think not about what is ‘usual’ day-to-day exposures but what is ‘unusual’ day-to-day exposures,” Jones said. “Is there something unique to that one area? Cell phone use is not unique in that almost everyone has or uses them. For hot spots like Colonia H.S. in New Jersey, there is a question of possible radiation exposure or polluted water.”

Jones said the best thing you can do for health is to put down your phone and exercise.

「歩くために1日30分でさえも大きな違いを生むことができます」とジョーンズが追加されました。 「あなたが太りすぎであるなら10ポンドを落として、癌リスクの劇的な減少を示しました。」

コメント

このブログの人気の投稿

PlayStationは今やMORTAL Kombat 11を含む6つのゲームを明日追加されました11

1990年代はセクターの歴史の中で3年目でした。 それはビデオクリップゲームのマークされた技術でした。 それはスプライトベースのグラフィックスからフルブリッジ3Dグラフィックスへのシフトの年数であり、それは最初の個々のシューティングゲーム、リアルタイムの方法、サバイバル怖い、そしてそれに限定されない、そしてそれに限定されない多くのジャンルのビデオクリップゲームを引き起こしました。 MMO ハンドヘルドビデオゲームは、何年にもわたって人気が高まっています。 ギャラリーゲームは、1990年代初頭には比較的一般的であるが、ホームソールが追加されたほど典型的なものになったので減少し始めた。 それは新しい月です、そしてそれは今度は再びストリーミングゲームのカタログが再び更新されていることを意味します。今年の図書館への最初の更新プログラムは、1月4日火曜日のプレイステーションストアの更新を使用して、サービスに6つのゲームを追加します。 6つのゲームには、戦闘ゲーム致命的なKombat 11、Square EnixのRPGファイナルファンタジーXII:黄道帯、そしてRoguelikefuryが解き放たれました。また、1月のために今すぐプレイステーションにやってくることは、展開されたオープンワールドサンドボックスゲーム、プラットフォームのスーパータイムフォースウルトラ、およびSpace SIMカバルスペースプログラムです。 Sonyは、PlayStation Nowのライブラリを着実に構築しています。 PlayStationは現在PS5、PS4、およびPCでサポートされており、10ドル/月または60ドルを購読できます。サービス上で利用可能な何百ものゲームがあります - ここでそれらすべてを見てください。 他のニュースでは、1月4日のプレイステーションストアの更新プログラムは2022年1月の新しいPlayStationプラスゲームを追加します。以前に発表されたように、これらにはPersona 5ストライカー、深部ロック銀河、そして汚れが含まれます。 PlayStation今1月2022ゲーム ファイナルファンタジーXII:黄道帯の年齢 怒りは解き放ちました カーバルスペースプログラム 致命的なコマット11. 未然に スーパータイムフォースウルトラ

スクウェアエニックス社長会談2022、メタバース、ブロックチェーン

Square Enix Presirent 松田洋介氏は、新年の手紙を備えたスクエアエニックスホールディングスのウェブサイトに撮った。 NFTとメタバース、松田はまた、人工知能とクラウド技術へのスクエアエニックスの投資と、彼らが将来すべての新興技術を活用する方法をどのようにして話しました。 あなたが岩の下に隠れているのでなければ、そしてパンデミックのために私達の多くの多くのためにあなたがいたならば、ブロックチェーンとNFTは過去1年間の最も熱いトピックの1つでした。ブロックチェーンへの投資は世界中のすべての企業から注ぎ続けているので、ブロックチェーン技術の使用を正常化するためのキャンペーンで最も熱心なものの中には、ゲーム業界のものがありました。 Square Enixのメタバースゲームのサンドボックスで200万ドルの投資ラウンドに参加した後、BlockChainゲームの研究開発と開発の存在を単に存在させないであろうことは明らかでした。松田の年末の手紙はこれを裏付けるだけでなく、次の業界の変化の傾向の最前線に滞在しようとしているため、会社がいくつかの新興技術を再開することを目指していることを示しています。 新年の手紙では、松田は2021年がNFTとメタバースのための「年1」であることを説明しています。塵が落ち着くと技術が成熟したとき。 2020年にAI、クラウド、ブロックチェーンゲームに関連して調査開発にもっと大きく投資し、この宣言の追求は、言語処理、世界モデル、シミュレーション技術の進歩で実現されています。松田の指示は、これらの進歩が自らの目的のために継続的な仮想空間の開発を支援するだけでなく、これらの技術を他の会社に提供することを計画していることを見つけるべきではありません。サンドボックスを持つ成長しているメタバースプラットフォームへの大きな投資で、そして仮想媒体での彼らの存在の成長に焦点を当てて、将来的にこの技術を支えるための彼らの意図についての言及はそれほど驚くべきことではありません。 技術インフラもまた、新年の手紙の重要な詳細でした。 5Gワイヤレステクノロジーは2021年に実質的に拡大しており、2022年を通して続行するつもりです。デバイスの範囲最後に、松田は急なダイビングでブロックチェーンと「トークノミクス」に終わります。ここで彼は、ブロ

Halo Infiniteリード物語のデザイナーは343、暴動のゲームに参加します。

Halo Infiniteのリードナラティブデザイナー、Aaron Lindeは、343の産業を去ったと発表しました。 LindeはTwitterで彼が「新しい機会を追求する」と述べたのは、私たちが今知っている人は、Legends Developer Riot Gamesのリーグでの仕事です。リンデはRIOTの研究開発チームに参加しています。 リンデは、それが343を離れることが「恐ろしい困難な決断」だと述べた。 「私はその一部だったことに感謝しています」 リンデは言っていました。野生尻の旅。あなたは私にとって信じられないほど特別な年を作りました。感謝していて、いつもそうなるでしょう。次のミッションをお会いしましょう」 リードナラティブデザイナーとして、LinkedInのページによると、ゲーム内の「すべてのオープンワールドナラティブコンテンツ」を取り扱う作家の小さなチームを担当しました。これは、15,000行の敵と海洋のびびり、100を超えるオーディオログ、および周囲の対話に渡っていました。 Haloの前に、リンデはGuild Wars Studioでアンネットプロジェクトに取り組む前に、Arenanetに移動する前に、ギアボックスの戦いの原生のリードライターでした。それから彼は2019年に343年に移住する前に、バンジーに引っ越して、2019年に343に移住してハローの無限大に取り組んでいます。 Halo Infiniteに関しては、ゲームの冬季偶発派のマルチプレイヤーイベントが今起動しています。